埼玉県専門研修プログラムNavi

臨床研修施設

埼玉医科大学病院

川越比企

961床

3次救急

JR八高線「毛呂駅」より徒歩約3分

臨床研修施設

がん拠点・連携

サブスぺ充実

大学院

学閥なし

海外留学支援

症例数が多い

論文指導可

連携先豊富

埼玉県人口は734万人を数え、当院には多くの患者が来院するためcommon diseaseから専門性の高い症例まで多種多様な疾患を数多く経験できます。
また、医師層も厚く、熱心な指導医が多いのも自慢の一つです。
当院には専門医制度にマッチした診療科やアイセンター、てんかんセンター、難病外来等特徴ある科が充実している他、県内最大級のシミュレーショントレーニングセンターでのセミナー等も開催しています。

施設にお問合せ

Program 実施プログラム

プログラム数: 12

川越比企

埼玉医科大学 臨床検査専門研修プログラム

川越比企

埼玉医科大学病院

1)埼玉医科大学臨床検査研修プログラムの目的と使命
         埼玉医科大学臨床検査専門研修プログラムの目的と使命は以下の5点にまとめられます。
         1)専攻医が臨床検査に関する知識、技能を習得すること。
         2)専攻医が臨床検査を通して診療に貢献すること。
         3)専攻医が臨床検査の研究法を習得すること。
         4)専攻医が医師として適切な態度と高い倫理性を備えることにより、患者・メディカルスタッフに信頼され、
           プロフェッショナルとしての誇りを持つこと。
         5)臨床検査専門医の育成を通して国民の健康・福祉に貢献すること。

臨床検査はEvidence Based Medicineにおける客観的な指標として、診療にかかせないものです。
臨床検査の全般において、その品質の向上と維持に努め、適切かつ信頼性の高いサービスを通して良質で安全な患者診療に貢献する専門医が臨床検査専門医です。
そのような専門医を育成すべく、埼玉医科大学臨床検査専門研修プログラムにおいては指導医がみなさんの教育・指導にあたりますが、みなさんも主体的に学ぶ姿勢をもつことが大切です。
本研修プログラムでの研修後に皆さんは、臨床検査の基礎医学的背景、方法論、臨床的意義を十分に理解し、それを元に医師をはじめ他のメディカルスタッフと協力して適正な医療の実践に貢献することになります。
具体的な例として、γ-GTという検査項目を取り上げて臨床検査専門医を特徴づけてみます。
この項目が胆汁うっ滞やアルコール飲酒で高値となることは医学生でも知っています。
しかし、なぜ高値になるのかを説明するためには、この物質がどのように合成され(アルコールやある種の薬剤で誘導される)、どのように代謝される(本来は肝細胞膜に存在し、胆汁中に排泄されるが閉塞機序で血流に入る)のかを知る必要があります。
また、値付けの根拠やその標準化、測定法の概要の知識を持つことは、信頼できるデータを提供するため、または思わぬ検査エラーにも対処するために必要なことです。
このように、臨床検査専門医は臨床検査医学、臨床医学全般に関わる総合的な科学者と位置づけられます。この学際的な側面は、診療だけでなく研究にも参画できる能力を発揮することになります。
本研修プログラムでは、臨床検査医学総論、一般臨床検査学・臨床化学、臨床血液学、臨床微生物学、臨床免疫学・輸血学、遺伝子関連検査学、臨床生理学の基本7科目の研修を行います。
基幹施設である埼玉医科大学病院で、多くの研修を行いますが、連携施設での研修を行うことにより、深みのある研修となるように工夫しています。
研修の修了が認定されたら専門医認定試験の受験資格が与えられます。
この試験に合格すると、臨床検査専門医となります。
臨床検査専門医には、さらに経験を積み大規模中規模施設の臨床検査部門を管理・運営すること、指導医となって現在は数少ない臨床検査専門医を育成すること、教育研究機関において臨床検査医学の教育研究を担うことが期待されます。

2) カリキュラム制研修について
初期臨床研修後の専攻医、それ以外でも希望する専攻医には、このプログラムに即した研修をしてもらいます(プログラム制)。
一方、臨床検査専門医を目指す者として、初期臨床研修後すぐに専攻医となるのはもちろんのこと、他領域で経験を積んだ後に当該専門領域のキャリアを踏まえて、より検査診断に特化した力量と資質の習得を目指すことも重要です。
臨床検査をストレート研修した者と、様々な経験の後に研修した者、両者が横断性のある臨床検査専門医の集団を形成していくことが、臨床検査医学の発展およびそれに基づく良質かつ安全な患者診療の提供に貢献します。
臨床経験豊富な他基本領域専門医取得者には、初期臨床研修修了後の専攻医と同じプログラム制の研修はそぐわないと考えられ、この場合は、カリキュラム制の研修を行うことを可能とします。
また、初期臨床研修修了後に義務年限を有する場合や、特別な事情でプログラム制の研修が困難な場合にもカリキュラム制研修を選択できます。
カリキュラム制とは、研修の形態の詳細は問わず、到達目標を達成すれば認定試験受験資格を与えるものです。
本プログラムは初期臨床研修直後のプログラム制によるストレート研修を想定したものですが、カリキュラム制の専攻医についても適宜記載してありますので、担当箇所を注意して読んでください。

3) 日本臨床医学会入会について
日本臨床検査医学会は、日本医学会の基本領域の学会であり、臨床検査専門医制度を日本専門医機構の一員として運営しています。
制度の運営だけでなく、講習会などの提供、研修施設の指導を通して、専攻医の研修をサポートします。
専攻医は会員であることが要件になりますので、研修開始後すみやかに入会手続きをとってください。

がん拠点・連携

サブスぺ充実

大学院

学閥なし

海外留学支援

症例数が多い

論文指導可

連携先豊富

川越比企

埼玉医科大学3病院 泌尿器科専門研修施設群専門研修プログラム

川越比企

埼玉医科大学病院

埼玉医科大学3病院泌尿器科専門研修プログラムにおける専門研修施設群は、埼玉医科大学病院を基幹施設として、都内・地方拠点病院からなる26の連携施設から構成される。
また、これらの施設は埼玉県内の南西部、さいたま、県央、川越比企、西部、利根、北部に存在し、さらに、都内の7病院を含めて幅広い地域性を有する施設群からなる。
本研修施設群は、女性泌尿器科、ED・性機能障害、腹腔鏡手術、小切開手術などの領域を専門的に実施する連携病院を擁し、またロボット支援手術を実施する地域拠点病院も参画している。
基幹施設および連携施設の27施設では、年間3000件以上(合計の算出の際は複数のプログラムと連携する施設の手術件数は按分されたものを使用)の泌尿器科手術を行っている。
以上のような本専門研修プログラムの特性から、一般的な泌尿器科診療に加えて、量的にも質的にも多彩な専門的診療を研修する機会が得られる。

がん拠点・連携

サブスぺ充実

大学院

学閥なし

海外留学支援

症例数が多い

論文指導可

連携先豊富

川越比企

埼玉医科大学リハビリテーション科専門研修プログラム

川越比企

埼玉医科大学病院

大学病院入院中で、リハビリテーション治療が必要な全診療科の患者さんの治療を行っており、急性期疾患が多いのが特徴です。
中でも、運動器、嚥下、痙縮、がんのリハビリテーション治療を得意としています。
様々な疾患を経験することができ、教育体制も充実しています。
気軽に見学においでください。

がん拠点・連携

サブスぺ充実

大学院

学閥なし

海外留学支援

症例数が多い

論文指導可

連携先豊富

川越比企

埼玉医科大学病院 内科専門医研修プログラム

川越比企

埼玉医科大学病院

特性
1) 埼玉医科大学病院は昭和 47 年、埼玉県西北部に位置する入間郡毛呂山町に開設され、埼玉県西部地区にある大学病院として、50 年間にわたって「すべての病める人に、満足度の高い医療を行う」基本理念の下に地域医療に貢献しています。
現在,埼玉医科大学は大学病院、総合医療センター(川越市)、国際医療センター(日高市)の 3 つの病院と一つのクリニック(川越市)を有し、その規模は全国で最大規模の診療施設となっています。特定機能病院である大学病院は 29 の診療科と 961 床の入院ベッド数を揃え、埼玉県西部地区は基より埼玉県全域の中心的医療施設として重要な位置を占めています。
本プログラムは,埼玉医科大学病院を基幹施設として,埼玉県西部医療圏および近隣医療圏を守備範囲とし,必要に応じた可塑性のある,地域の実情に合わせた実践的な医療も行えるようにトレーニングを行います。
研修期間は基幹施設 1.5 年間以上+(特別)連携施設 1.5 年間以下の原則として 3 年間です。

2) 本研修プログラムでは,症例をある時点で経験するということだけではなく,主担当医として,入院から退院〈初診・入院~退院・通院〉まで可能な範囲で経時的に,診断・治療の流れを通じて,一人一人の患者の全身状態,社会的背景・療養環境調整をも包括する“クリニカル・ガバナンス”を意識した患者の満足度向上に努める医療を実践します。
そして,個々の患者に最適な医療を提供する計画を立て実行する能力の修得と当院のミッションである「Your happiness is our happiness」の理解の下 Patient Centered Medicine の実践をもって目標への到達とします。

3) 研修開始後 2 年間(専攻医 2 年修了時)で,「研修手帳(疾患群項目表)」に定められた 70 疾患群のうち,少なくとも通算で 45 疾患群,120 症例以上を経験し,日本内科学会専攻医登録評価システム(J-OSLER)に登録できます.そして,専攻医 2 年修了時点で,指導医による形成的な指導を通じて,内科専門医ボードによる評価に合格できる 29症例の病歴要約を作成できます。

4) 連携施設が地域においてどのような役割を果たしているかを経験するために,原則として 1 年間(最低 3 ヵ月以上),立場や地域における役割の異なる医療機関で研修を行うことによって,内科専門医に求められる役割を総合的に実践します。

5) 専攻医 3 年修了時で,「研修手帳(疾患群項目表)」に定められた 70 疾患群のうち,少なくとも通算で 56 疾患群,160 症例以上を経験し,J-OSLER に登録できる体制とします.そして可能な限り,「研修手帳(疾患群項目表)」に定められた 70 疾患群,200 症例以上の経験を目標とします。

がん拠点・連携

サブスぺ充実

大学院

学閥なし

海外留学支援

症例数が多い

論文指導可

連携先豊富

サブスペ

アレルギー

リウマチ

内分泌代謝科

呼吸器

感染症

消化器内視鏡

消化器病

神経内科

糖尿病

肝臓

腎臓

血液

川越比企

埼玉医科大学病院 小児科専門研修プログラム

川越比企

埼玉医科大学病院

幅広い小児科専門領域を担当医として研修します。本プログラムの最大の特徴は、学会をリードする総勢13人の教授・准教授の指導医によるトップクラスの研修を受けることが可能です。
また大学病院でありながら1次から3次までの幅広い救急患者を受け入れる体制も有しているため、小児科医として欠くことのできない救急疾患の対応、急性疾患のプライマリ小児医療管理からの研修ができます。

がん拠点・連携

サブスぺ充実

大学院

学閥なし

海外留学支援

症例数が多い

論文指導可

連携先豊富

サブスペ

周産期

小児循環器

小児神経

新生児

川越比企

埼玉医科大学病院 形成外科専門研修プログラム

川越比企

埼玉医科大学病院

埼玉県西部地域に拠点を置く埼玉医科大学の3病院を中心に、関東圏の関連施設において形成外科の専門研修を行う。
関連施設には大学病院、地域中核病院、専門病院(小児、再建外科など)が含まれる。

がん拠点・連携

サブスぺ充実

大学院

学閥なし

海外留学支援

症例数が多い

論文指導可

連携先豊富

サブスペ

美容外科

川越比企

埼玉医科大学病院 皮膚科研修プログラム

川越比企

埼玉医科大学病院

病棟診療や外来診療、学会参加等を通じて、各種検査や皮膚病理、薬物療法、手術といった皮膚科診療全般を学び、専門医取得を取得します。
さらにその過程で専門領域(サブスペシャリティ)を持つことを目指します。
社会人大学院の制度も充実しており、同時に学位取得も可能です。
当科は埼玉県の広い範囲をカバーしており、非常に幅広い疾患を経験することができます。

がん拠点・連携

サブスぺ充実

大学院

学閥なし

海外留学支援

症例数が多い

論文指導可

連携先豊富

サブスペ

アレルギー

皮膚悪性腫瘍指導

川越比企

埼玉医科大学病院 耳鼻咽喉科専門研修プログラム

川越比企

埼玉医科大学病院

当医局は耳、鼻副鼻腔、喉頭、頭頸部の各専門家が在籍しており、 幅広い経験が可能です。
特に耳科手術、鼻副鼻腔手術件数は県内有数で、指導医もおりますので手術技術を磨くのに適した環境といえます。
また基礎研究も充実させています。研修医向けハンズオンセミナーを主催しており、外部の研修医も参加が可能です。
耳鼻咽喉科医局までお気軽にご連絡下さい。

がん拠点・連携

サブスぺ充実

大学院

学閥なし

海外留学支援

症例数が多い

論文指導可

連携先豊富

川越比企

埼玉医科大学病院 麻酔科専門研修プログラム

川越比企

埼玉医科大学病院

●本研修プログラムは、日本専門医機構の専門研修プログラム整備基準に準拠して、麻酔科専門研修を行う。
すなわち、安全で質の高い周術期医療および麻酔科関連分野である集中治療や緩和医療、ペインクリニック、救急医療の分野の診療を実践できる専門医を育成することが目標である。

本研修プログラムでは、専門研修基幹施設である埼玉医科大学病院、
専門研修連携施設Aの埼玉県立小児医療センター、栃木県立がんセンター、上都賀総合病院、国立国際医療研究センター国府台病院、埼玉医科大学国際医療センター、埼玉医科大学総合医療センター、旭中央病院、国立国際医療研究センター病院、埼玉県厚生連熊谷総合病院、
専門研修連携施設Bの国立病院機構浜田医療センター、東京都立神経病院、小川赤十字病院、多摩総合医療センターにおいて、
専攻医が整備指針に定められた麻酔科研修の到達目標を達成できる専攻医教育を提供し、十分な知識・技術・態度を備えた麻酔科専門医を育成する。

本研修プログラムの実施に当たっては、専門研修の修練プロセスと各専攻医の研修進捗状況に配慮しながら、最大限の教育効果と最良の診療結果を目指す。同時に、過酷勤務を排除と、リサーチマインドの育成も重点項目である。
過酷勤務は、長時間連続労働、研修進達度から大きくかけ離れた診療等が含まれるが、一方で、「専攻医以外の過酷勤務をいかにして解決するか?」という専攻医自身の相互扶助の視点も重要である。

がん拠点・連携

サブスぺ充実

大学院

学閥なし

海外留学支援

症例数が多い

論文指導可

連携先豊富

サブスペ

ペインクリニック

集中治療

川越比企

埼玉医科大学病院・連携施設 精神科 専⾨研修プログラム

川越比企

埼玉医科大学病院

●本研修プログラムの特徴は、基幹施設を中心として、我が国の実地臨床で遭遇するケースを網羅的に
バランスよく体験できることである。その網羅性は、広さと深さを両立している。

1.基幹施設での研修 基幹施設である埼玉医科大学病院 神経精神科・心療内科は2病棟78床と大学病院としては規模が大きく、一つは精神科救急入院料を算定する高規格の専門病棟、もう一つも精神科急性期医師配置加算を算定し精神身体合併症医療等に対応する専門的な病棟である。
埼玉県内の精神科医療救急医療体制において重要な役割を果たしており、精神身体合併症患者の24時間365日常時対応施設として県内唯一の指定を受けている。こうした「最後の砦」としての役割を若手からベテランに至るまでが能動的な気概をもって受け止めている。
その姿勢が、当科における診療の広さ、そして表面的に流されぬ深さに繋がっている。
治療抵抗例にも積極的に対応する気分障害専門外来、きめ細かな診療が求められる児童青年期専門外来、大学病院精神科では稀なてんかん専門外来等を精力的に展開しているのも、こうした姿勢に由来している。
なお当科では重症例のみならず、軽症~中等症の一般的な症例も子供から高齢者まで幅広く診療しており、将来医院開業を検討している医師に必要な研修も十分行うことができる。 

2.連携施設での研修 本プログラムの連携施設は多彩である。埼玉医科大学総合医療センターでは、コンサルテーション・リエゾンや一般外来を主体とした幅広い外来中心の診療が体験できる。
埼玉医科大学国際医療センターでは、精神腫瘍科において癌患者およびその家族の精神的ケアを体験することができるほか、救命救急センターにおけるコンサルテーション・リエゾン診療を通じて自殺企図症例等への対応を経験できる。
当院と同じ敷地内にある丸木記念福祉メディカルセンターでは、慢性期の精神疾患、認知症疾患医療センター、重症心身障害、などの診療が体験できる。
県立精神医療センターでは、医療観察法病棟での診療、薬物依存の専門診療など、大学病院では学び難い症例を経験出来る。

がん拠点・連携

サブスぺ充実

大学院

学閥なし

海外留学支援

症例数が多い

論文指導可

連携先豊富

川越比企

埼玉医科大学総合診療専門医育成プログラム

川越比企

埼玉医科大学病院

当院は特定機能病院でありながら、周辺を住宅地で囲まれ、埼玉県西部医療圏・近隣医療圏を中心とした地域の拠点病院としても機能しています。
このプログラムを経験することで埼玉県医療圏の医療事情を理解し,地域の実情に合わせた実践的で高度な医療を行えるようになります。
また、内科専門医PGとのダブルボード研修体制にも準備を進めております。

がん拠点・連携

サブスぺ充実

大学院

学閥なし

海外留学支援

症例数が多い

論文指導可

連携先豊富

川越比企

埼玉医科大学 産婦人科専門研修プログラム

川越比企

埼玉医科大学病院

●埼玉医科大学専門研修プログラムでは、埼玉医科大学病院産科婦人科と埼玉医科大学国際医療センター婦人科腫瘍科を基幹施設とし、関連する連携施設とともに研修施設群を形成して、専攻医の指導にあたります。
埼玉医科大学病院産科婦人科では、婦人科悪性腫瘍の専門治療をのぞくすべての産婦人科領域の研修が可能で、各 Subspecialty 領域の専門医が指導医として専攻医指導にあたります。
埼玉医科大学国際医療センター婦人科腫瘍科は、包括的がんセンター内にあり、他科との密接な連携をとった婦人科腫瘍領域の研修が可能で、婦人科腫瘍専門医が指導医として専攻医指導にあたります。しかし、大学病院とは異なり、地域性と医療資源に差異のあるさまざまな連携施設における一定期間の研修を行うことにより、専攻医は、産婦況により、埼玉医科大学産婦人科専門研修プログラム管理委員会が決定します。
人科領域のプライマリーケアをはじめとする大学では経験できない特色ある多様な地域医療を経験すると共に、産婦人科医療に対するニーズの多様性、地域連携、医療機関の機能分担の必要性・重要性も習得することができます。
なお、各産婦人科専攻医の研修施設、期間などについては、個々の希望と各施設の状況により、埼玉医科大学産婦人科専門研修プログラム管理委員会が決定します。

がん拠点・連携

サブスぺ充実

大学院

学閥なし

海外留学支援

症例数が多い

論文指導可

連携先豊富

サブスペ

婦人科腫瘍

生殖医療

施設にお問合せ