埼玉県専門研修プログラムNavi

List 専門研修施設情報

専門研修プログラム一覧

検索結果: 117

さいたま

埼玉県立小児医療センター小児科専門研修プログラム

さいたま

埼玉県立小児医療センター

小児科医は成長、発達の過程にある小児の診療のため、正常小児の成長・発達に関する知識が不可欠で、新生児期から思春期まで幅広い知識と、発達段階によって疾患内容が異なるという知識が必要です。さらに小児科医はgeneral physicianとしての能力が求められ、そのために、小児科医として必須の疾患をもれなく経験し、疾患の知識とチーム医療・問題対応能力・安全管理能力を獲得し、家族への説明と同意を得る技能を身に付ける必要があります。

本プログラムでは、「小児医療の水準向上・進歩発展を図り、小児の健康増進および福祉の充実に寄与する優れた小児科専門医を育成する」ことを目的とし、一定の専門領域に偏ることなく、幅広く研修します。研修医は「小児科医は子どもの総合医である」という基本的姿勢に基づいて3年間の研修を行い、「子どもの総合診療医」「育児・健康支援者」「子どもの代弁者」「学識・研究者」「医療のプロフェッショナル」の5つの資質を備えた小児科専門医になることを目指していただきます。

埼玉県立小児医療センターは重症、かつ複雑な疾患を抱える子ども達に対応した、3次機能を持つ小児専門病院です。小児のあらゆる疾患、病態に対応するために、様々な小児専門診療科が揃っており、また、当センターは全国に15か所の小児がん拠点病院の一つであり、先進的で高度な医療が展開されている一方、寝たきりの重症心身障害児の診療やリハビリにも力を入れています。2016年にさいたま新都心の新病院に移転し、PICU、ERやNICUが充実しました。特に同一敷地内にさいたま赤十字病院が移転し、その産科と連携して総合周産期母子医療センターとなりました。さらに、外科系診療科、放射線科、病理科なども小児を専門にしているため、当センターのキャッチフレーズである「For the future, For the childrenこどもたちの未来は私たちの未来」を、病院一体となって目指していることを実感できます。

研修1年目にまず小児内科系診療科で、一般小児科、救急など小児の基本を研修します。その後小児科にとって必須の新生児疾患・先天異常疾患をNICUで研修します。2年目以降、一般小児科の研修と地域医療の実践を目的に、県内の主要な地域医療施設で、担当医として研修します。3年目には再度総合診療科をローテーションし、チーフレジデントとして後輩の指導も含めて研修します。また、より高度な重症患者管理を研修するためにPICUのローテーションに入ることもできます。

本プログラムの大きな特徴として下記の3点が挙げられます。

小児の各領域の重症患者に対する管理に関して、より高度で最新の医療を研修することができます。
埼玉県立小児医療センターには上記の専門科だけではなく、小児を専門とする外科系の診療科、放射線科、病理診断科、遺伝科、歯科、コメディカル部門が充実しています。
さらに、これら各診療科、部門間の垣根はとても低く、いつでも気軽に相談でき、より有意義な研修を送ることができます。先に挙げた近隣他病院での研修ではより充実した一般的な小児医療と地域医療の研修ができます。

3次救急

がん拠点・連携

女性多い

時間外手当

社宅・寮完備

託児所有

転勤なし

駅チカ

川越比企

埼玉医科大学 産婦人科専門研修プログラム

川越比企

埼玉医科大学病院

●埼玉医科大学専門研修プログラムでは、埼玉医科大学病院産科婦人科と埼玉医科大学国際医療センター婦人科腫瘍科を基幹施設とし、関連する連携施設とともに研修施設群を形成して、専攻医の指導にあたります。
埼玉医科大学病院産科婦人科では、婦人科悪性腫瘍の専門治療をのぞくすべての産婦人科領域の研修が可能で、各 Subspecialty 領域の専門医が指導医として専攻医指導にあたります。
埼玉医科大学国際医療センター婦人科腫瘍科は、包括的がんセンター内にあり、他科との密接な連携をとった婦人科腫瘍領域の研修が可能で、婦人科腫瘍専門医が指導医として専攻医指導にあたります。しかし、大学病院とは異なり、地域性と医療資源に差異のあるさまざまな連携施設における一定期間の研修を行うことにより、専攻医は、産婦況により、埼玉医科大学産婦人科専門研修プログラム管理委員会が決定します。
人科領域のプライマリーケアをはじめとする大学では経験できない特色ある多様な地域医療を経験すると共に、産婦人科医療に対するニーズの多様性、地域連携、医療機関の機能分担の必要性・重要性も習得することができます。
なお、各産婦人科専攻医の研修施設、期間などについては、個々の希望と各施設の状況により、埼玉医科大学産婦人科専門研修プログラム管理委員会が決定します。

がん拠点・連携

サブスぺ充実

大学院

学閥なし

海外留学支援

症例数が多い

論文指導可

連携先豊富

サブスペ

婦人科腫瘍

生殖医療

東部

獨協医科大学埼玉医療センター放射線科領域専門医研修プログラム

東部

​獨協医科大学​埼玉医療センター

CT、MRI、核医学検査(RI)などの各種画像診断と、放射線治療とインターベンショナル・ラジオロジー(IVR)を中心とした「癌の放射線診断・治療」を行っています。
主に埼玉県内、東京都内の施設と連携した研修を行います。

3次救急

がん拠点・連携

サブスぺ充実

大学院

学会補助有

症例数が多い

託児所有

駅チカ

サブスペ

放射線治療

放射線診断

東部

獨協医科大学埼玉医療センター総合診療専門医研修プログラム

東部

​獨協医科大学​埼玉医療センター

獨協医科大学埼玉医療センターでは総合患者支援センター内に在宅医療部門があり、訪問診療を総合診療科医が兼務して運用を行っている。
このため、研修プログラムにおいて在宅医療研鑽を図り、診察室のみでは体得できない広い視野を持った医療人の育成につなげている。

3次救急

がん拠点・連携

サブスぺ充実

大学院

学会補助有

症例数が多い

託児所有

駅チカ

東部

埼玉東部地域リハビリテーション専門医研修プログラム

東部

​獨協医科大学​埼玉医療センター

リハビリテーション治療(理学/作業/言語聴覚療法)は運動療法と高次脳機能障害に対する治療が含まれます。
常に”全身”を診て患者の障害/体力に合わせた治療を行い,患者の"機能改善”を図ります。
療法士、各診療科医師、看護師、管理栄養士等、多職種との連携が必須です。上記が学べます。

3次救急

がん拠点・連携

サブスぺ充実

大学院

学会補助有

症例数が多い

託児所有

駅チカ

東部

獨協医科大学埼玉医療センター臨床検査専門医養成プログラム

東部

​獨協医科大学​埼玉医療センター

検査一般・輸入感染症・渡航外来可能

3次救急

がん拠点・連携

サブスぺ充実

大学院

学会補助有

症例数が多い

託児所有

駅チカ

サブスペ

感染症

東部

獨協医科大学埼玉医療センター 連携施設・精神科専門医研修プログラム

東部

​獨協医科大学​埼玉医療センター

獨協医科大学埼玉医療センターは、190万人を超える巨大医療圏における唯一の総合病院精神科となっている。病棟では、リエゾンチーム、緩和ケアチーム、認知症ケアチームを組んで診療を行なっている。
外来では、職業人のメンタルヘルス事例や、思春期・成人の発達障害やADHD症例、不登校・適応障害・摂食障害等の児童思春期を継続的に診ており、都市型の精神科臨床を実践している。

3次救急

がん拠点・連携

サブスぺ充実

大学院

学会補助有

症例数が多い

託児所有

駅チカ

東部

獨協医科大学埼玉医療センター泌尿器科専門医研修プログラム

東部

​獨協医科大学​埼玉医療センター

埼玉東部地区唯一の大学病院であり地域の拠点病院という特色を生かし、多くの患者様から貴重な臨床経験を得ることができます。
専門後期研修からの4年間に泌尿器科全般を網羅する高いスキル及び専門医資格の習得が可能です。
また、Subspecialtyの専門トレーニングも並行して開始でき、希望があれば大学院入学や国内外の留学も可能です。
研修終了後は本学で泌尿器各専門分野でのエキスパートを目指していただきます。

3次救急

がん拠点・連携

サブスぺ充実

大学院

学会補助有

症例数が多い

託児所有

駅チカ

サブスペ

生殖医療

透析

東部

獨協医科大学埼玉医療センター麻酔科専門医研修プログラム

東部

​獨協医科大学​埼玉医療センター

埼玉東部地区の中核病院であり、心臓血管外科、呼吸器外科、産婦人科、小児外科、脳外科など、専門医取得に必要な症例を経験できます。
臨床の麻酔と大学院への進学も両立させることが可能で、学位取得者も多いです。
また、女性医師も多く、出産・育児との兼ね合いも重視しながら、麻酔専門医を皆が取得できるよう取り組んでいます。

3次救急

がん拠点・連携

サブスぺ充実

大学院

学会補助有

症例数が多い

託児所有

駅チカ

サブスペ

ペインクリニック

心臓血管麻酔

東部

獨協医科大学埼玉医療センター耳鼻咽喉科専門医養成プログラム

東部

​獨協医科大学​埼玉医療センター

当院は埼玉県東部全般をカバーする幅広い医療圏を有しており、一般の市中病院では経験することのない珍しい疾患に遭遇することも多く、貴重な臨床経験を積むことができます。
また、大学病院としての最先端の治療経験や他科との連携によってより高度な医療を経験することができます。
多くの関連研修施設と連携をとっており、さまざまな研修パターンを選ぶこともできます。
医療を継続しながら大学院へ進学し学位が取得できるプランもあり、自らの望む最適の研修を選択することができるのが特徴です。

3次救急

がん拠点・連携

サブスぺ充実

大学院

学会補助有

症例数が多い

託児所有

駅チカ

施設にお問合せ