埼玉県専門研修プログラムNavi

みさと健和病院内科専門研修プログラム

基幹病院であるみさと健和病院は、埼玉県東武医療圏の中心的な急性期病院であるとともに、地域の病診・病病連携の中核です。
一方で、地域に根ざす第一線の病院でもあり、コモンディジーズの経験はもちろん、超高齢社会を反映し複数の病態を持った患者の診療経験もでき、高次病院や地域病院との病病連携や診療所(在宅訪問診療施設などを含む)との病診連携も経験できます。

外来患者診療を含め、1学年3名に対し十分な症例を経験可能であり、5領域の専門医が少なくとも1名以上在籍しています。
また、専攻医2年修了時に研修手帳に定められた45疾患群、120例位上の診療経験と29病歴要約の作成が達成可能です。専攻医3年目に研修する連携施設・特別連携施設には、地域基幹病院および地域医療密着型病院が計12施設あり、専攻医のさまざまな希望・将来像に対応することができます。なお、専攻医3年修了時には、研修手帳に定められた少なくとも56疾患群、160例以上の診療経験達成が可能です。


■ 研修期間
3年間
(基幹施設1~2年間+連携施設1~2年間+特別連携施設最大1年間)

■ ローテート例
<1年目>
施設  :みさと健和病院
科目  :総合診療科、内科ローテート、救急、内分泌・代謝科
病棟外 :ER外来、診療所外来、訪問診療
経験症例:20疾患群、60症例以上

<2年目>
施設  :みさと健和病院・連携施設
科目  :各診療科ローテート選択
病棟外 :ER外来、診療所外来、訪問診療
経験症例:45疾患群、120症例以上

<3年目>
施設  :連携施設
科目  :各診療科ローテート選択
病棟外 :ER外来、診療所外来、訪問診療
経験症例:70疾患群、200症例以上

プログラム詳細はこちら >> https://bit.ly/2AeRh5Y

サブスペ

内分泌代謝科

呼吸器

消化器内視鏡

糖尿病

腎臓

連携施設

東葛病院・立川相互病院・大田病院・柳原病院 等
施設にお問合せ

研修スケジュール

概要

募集予定人数
3名(募集あり)
備考
■ 連携施設
・東葛病院(内科病床:221床、内科指導医:5名、総合内科専門医:3名)
・立川相互病院(内科病床:134床、内科指導医:12名、総合内科専門医:13名)
・大田病院(内科病床:104床、内科指導医:3名、総合内科専門医:2名)
・大泉生協病院(内科病床:94床、内科指導医:1名、総合内科専門医:1名)
・東京健生病院(内科病床:96床、内科指導医:1名)

■ 特別連携施設
・柳原病院(内科病床:85床)
・王子生協病院(内科病床:92床)
・小豆沢病院(内科病床:64床)
・中野共立病院(内科病床:55床)
・みさと健和クリニック
・健愛クリニック
・柳原診療所

当科病床数

内科

105

当科患者数

外来患者数

59

入院患者数

医師数

総医師数

指導医数 : 6

専門医数 : 6

専攻医数 : ー

応募者へのメッセージ

指導責任者

吉川 雄一郎

みさと健和病院は、「みさと健和病院憲章」の立場に立ち、主人公である皆さんや住民との共同作業で、差別のない人権を尊重した良質な医療を遂行し、住民本位の医療福祉ネットワークづくりと安心して住み続けられる町づくりをめざします。

施設情報へ
施設にお問合せ