埼玉県専門研修プログラムNavi

臨床研修施設

社会福祉法人 恩賜財団済生会支部 埼玉県済生会加須病院(旧:栗橋病院)

利根

304床

3次救急

東武伊勢崎線「加須駅」より徒歩10分

臨床研修施設

3次救急

ER型救急

住宅補助有

新病院・新病棟

時間外手当

症例数が多い

自由度高い

週休2日以上

当院は2022年6月1日新病院として生まれ変わりました。
救命救急センターを開設し、ロボット支援下手術を開始。また将来的には心血管疾患に対し、高度な診療技術を提供できるようにハイブリッド手術室も用意しています。Common diseaseをたくさん経験できることはもちろん、希少疾患を最初に診断する機会が得られるなど、幅広い患者さんの診療経験が得られる臨床医のスタートには大変恵まれた環境です。

施設にお問合せ

内科

埼玉県済生会加須病院内科専門医研修プログラム

スタート間もない内科専門研修プログラムでのびのび働き、多くを学ぶ

内科

埼玉県済生会加須病院内科専門医研修プログラム

スタート間もない内科専門研修プログラムでのびのび働き、多くを学ぶ

専門研修プログラムのスタートから間もない埼玉県済生会加須病院。今平先生は、内科専攻医として活躍中です。「のびのび働ける」と話す今平先生にプログラムの魅力などについて教えていただきます。

今平 海斗いまひら かいと

専攻医期間

専攻医3年目(医師5年目)

出身大学

高知大学

お住まい

加須市の賃貸住宅

将来の目標

プログラムスケジュール

研修先の病院名、診療科、特に注力する研修等
論文、院外活動など
医師3年目
済生会加須病院
内科学会地方会
医師4年目
東京都立多摩総合医療センター(1年間)
内科学会地方会
医師5年目
済生会加須病院

プログラム指標※インタビュー対象者の個人の主観です

0
1
2
3
4
5
忙しさ
指導体制
経験値
自身の裁量権
自己研鑽の時間
福利厚生
WLB

ゆとりをもちながらも、多くを学べる新病院のプログラム

埼玉県済生会加須病院は2022年6月に開院したまだ新しい病院で、病院内には常駐型救急ワークステーションを備えています。専門研修プログラムは内科のほかに救急科と整形外科で行われており、今のところ内科プログラムに参加しているのは僕一人です。加須駅から徒歩10分、7階建ての建物に病床は300床ほど、合計25の診療科で地域に暮らす方々の健康を支えています。病院の機能がお隣の久喜市栗橋地区から加須市へと移転するのに伴い、病院を中心にした新たな町づくりも進んでいて、今後が楽しみなエリアです。新しい病院で新しくスタートしたプログラムのためか、ゆとりをもって働ける環境が整っていること。それがこのプログラムの一番の魅力かもしれません。

内科疾患から外傷まで幅広い症例を経験

担当患者さんを平均すると、常時5~10人程度といったところでしょうか。これまでに経験した症例は肺膿瘍、間質性肺炎、ネフローゼ症候群、心不全、脳梗塞など内科領域の疾患はひと通り診てきたように思います。また、当院は三次救急医療機関のため外傷患者さんも多く、幅広い症例を勉強できる点が魅力と言えるでしょう。専攻医3年目の自分に対して、患者さんの多くは人生の先輩にあたる方がほとんどです。週1回の外来を担当するときには、治療を嫌がる患者さんがいらしたり、ご家族から「検査を受けるように説得してほしい」と頼まれることがあったり。大変だなと思うことも少なくありませんが、後になって「あの時はありがとうございました」などと声をかけられることもあって、この仕事をしていて良かったなと思います(笑)。

休暇制度充実の風通しのよい職場が魅力

専攻医3年目の今は糖尿病・内分泌内科で勉強させていただいていて、毎日ほぼ定時に病院を後にすることができています。週末の土曜・日曜は完全休業、事前に申請すれば有休を取ることも決してハードルが高いことはありません。昨今の「働き方改革」は当院にもしっかり根付いていて、女性スタッフの産休・育休制度も万全ですし、職場復帰後は勤務日数などを相談しながら決められるそうです。男性の僕でも育休を取ろうと思えば問題なく取れると思います。こうした働きやすさに加えて、自分としては多彩な症例を数多く経験できていることがありがたいです。指導医の先生方も熱心に教えてくださいますし、診療科同士の垣根が低いため、研修中にいろいろ吸収したいと考えている人にはぴったりだと思います。

Schedule 1日のスケジュール

【糖尿病・内分泌内科】

08:30

出勤

09:00

朝カンファレンス・回診

日中は病棟業務などを行う。

12:00

昼休憩

13:00

各検査や新入院の対応など

16:00

夕回診

17:30

退勤

Cases 経験症例

● 平均担当患者数 3~7人
● 肝膿瘍/急性非代償性心不全/ネフローゼ症候群/間質性肺炎/脳梗塞
施設にお問合せ