埼玉県専門研修プログラムNavi

獨協医科大学埼玉医療センター産婦人科専門医研修プログラム

研修は基幹施設と埼玉県・東京都・栃木県の連携施設にて行い 6か月〜1 年ごとのローテートを基本とする。
基幹施設では、婦人科腫瘍(主に悪性もしくはハイリスク患者、鏡視下手術・ロボット支援下手術)、ハイリスク妊娠・産科救急、女性ヘルスケア(骨盤臓器脱・感染症等)、一般不妊治療・生殖補助医療(ART)等を研修する。
基幹施設では、市中病院では経験しにくい疾患・治療を多数経験ができる。
3年間の研修期間のうち1-2年間は基幹施設で最重症度の患者への最新の標準治療を体験する。連携施設の内5施設は高次医療機関・地域中核病院かつ総合・地域周産期母子医療センターであり、基幹施設での研修を補完する。他の3施設では、一般婦人科疾患、正常妊娠・分娩・産褥や正常新生児の管理(分娩数1500~2800 件)、一般不妊治療・ART(150-2800件)等を研修する。各施設での、外来・入院診療は治療方針の立案、実際の治療、退院まで、指導医・専門医の助言を得ながら自ら主体的に行う研修となる。

サブスペ

婦人科腫瘍

生殖医療

連携施設

足利赤十字病院、東京都立大塚病院、東京慈恵会医科大学病院、産婦人科菅原病院、永井マザーズホスピタル 等
施設にお問合せ

研修スケジュール

概要

募集予定人数
6名(募集あり)
専攻医・
後期研修医数

1年次:4名、2年次:2名、3年次:4名

【研修医の主な出身大学】
獨協医科大学、杏林大学、埼玉医科大学、藤田医科大学、大分大学

他科研修の可能性
なし
関連大学医局
慈恵医大学産婦人科、東京医大産婦人科
備考
連携施設:慈恵医大病院、東京医大病院 、都立大塚病院 、深谷赤十字病院 、さいたま市立病院、足利赤十字病院、産婦人科菅原病院 、恵愛病院、恵愛生殖医療医院、永井マザーズホスピタル

当科病床数

産婦人科

25

当科患者数

外来患者数

90

入院患者数

40

医師数

総医師数

25

指導医数 : 8

専門医数 : ー

専攻医数 : ー

応募者へのメッセージ

教授・診療部長/獨協医科大学埼玉医療センター産科婦人科

髙倉 聡

医学生・初期研修医の見学を歓迎します。
実際に見て聞いて入局してくれたら嬉しいです。全ての分野で症例豊富ですが、特に悪性腫瘍、ロボット支援下手術、ハイリスク妊娠管理、ART等には力を入れています。先輩の熱心な指導もあり、入局者全員が、産婦人科専門医を取得しています。また、各サブスペシャリティ専門医・認定医の取得もできます(婦人科腫瘍・生殖医療・内視鏡等)。暇ではないけど、労働環境はwhiteです。

施設情報へ
施設にお問合せ