埼玉県専門研修プログラムNavi

深谷赤十字病院内科専門研修プログラム

埼玉県北部医療圏での急性期病院(三次救命救急病院)であり、同医療圏および隣接する医療圏とで内科専門研修を経て、地域医療・地域保健を理解し、実践できるようにプログラムされています。
研修期間は基幹施設2年間と連携施設1年間の計3年間において内科専門医として相応しい知識・技術・態度習慣を身に付けられます。

サブスペ

循環器

消化器内視鏡

消化器病

神経内科

腎臓

血液

連携施設

群馬大学病院、前橋赤十字病院、埼玉医科大学総合医療センター、東京医科大学八王子医療センター、埼玉医科大学病院、小川赤十字病院、熊谷総合病院、埼玉県立循環器呼吸器病センター、秩父市立病院
施設にお問合せ

研修スケジュール

概要

募集予定人数
3名(募集あり)
専攻医・
後期研修医数

3年次:0名、4年次:2名、5年次:1名

【研修医の主な出身大学】
群馬大学、日本医科大学、岩手医科大学

他科研修の可能性
専攻医の希望により内科系の科目を順次、行うことも可能。また、内科系の科目を決めて重点的に行うことも可能。
関連大学医局
群馬大学循環器内科

当科病床数

内科

181

当科患者数

外来患者数

251

入院患者数

152

医師数

総医師数

31

指導医数 : ー

専門医数 : ー

専攻医数 : 3

応募者へのメッセージ

研修プログラム責任者/副院長

長谷川 修一

主担当医として、入院から退院まで可能な範囲で経時的に診断・治療の流れを通じて、一人一人の患者の全身状態・社会的背景・療養環境調整を包括する全人的医療を実践できる環境・体制になっております。
地域の医療連携病院であり、common diseaseから高齢者に多い複数疾患の患者への対応も行い、病病連携・病診連携の経験も可能です。

施設情報へ
施設にお問合せ