埼玉県専門研修プログラムNavi

埼玉県総合医局機構 KOBATON.med

埼玉石心会病院総合診療専門研修プログラム

ジェネラリストの視点を大切にしながら、地域医療のスペシャリストを目指す!臓器にとらわれないジェネラリストの視点とバランス感覚、入院初療から退院まで一貫したマネジメント力、退院後のケアや患者家族の心情まで配慮できる「主治医としての総合力」。
各自の専門性を発揮しながらチーム医療を実践しています。

連携施設

済生会川口総合病院、熊谷生協病院、秩父生協病院、さいわい診療所、おおみや診療所、知床らうす国民健康保険診療所、宮古島徳洲会病院、狭山厚生病院、さいたま市民医療センター
施設にお問合せ

研修スケジュール

概要

募集予定人数
2名 (募集あり)
専攻医・
後期研修医数

専攻医1年目:2名、専攻医2年目:0名、専攻医3年目:0名

【研修医の主な出身大学】
山梨大学、秋田大学

備考
連携施設7施設(2023年4月時点)

当科病床数

総合診療科

44

当科患者数

外来患者数

入院患者数

44

医師数

総医師数

3

指導医数 : 8

専門医数 : ー

専攻医数 : 2

応募者へのメッセージ

総合診療科部長、総合診療専門研修プログラム統括責任者

酒井 利幸

当プログラムでの研修を通して、外来診療、訪問診療、救急外来、入院診療など、様々な診療場面で活躍できる総合診療医の育成を目指します。
都会でも僻地でも自分の置かれた診療環境や限りある医療資源の中で柔軟に最大限の力を発揮し、臓器にとらわれないジェネラリストの視点とバランス感覚を常に大切にしながら、患者主体の医療を実践できる若手を一人でも多く育てたいと思っています。

施設情報へ
施設にお問合せ